創業明治三十九年 仁生堂薬局
生薬 漢方薬 各種取扱

漢方豆知識

営業時間

本店
月~金   9:00~19:00
 土  9:00~18:00
第2,4日  10:00~17:00

定休日 第1, 3, 5日曜・祝日

千住二丁目店
月~金   9:00~19:00
 土  9:00~17:00

定休日 日曜・祝日

ネット店舗
千寿薬草園by仁生堂薬局
BASE
BASE店は一般用医薬品も取扱中
商品が未掲載の場合は
チャットまたはメールで
お問合せください。

Amazon
アマゾンのお店はこちら

» 漢方体験.com(外部サイト)でも、当店でのエピソード・体験談をご紹介しています。

2022-02-22

第89話 『顔面神経麻痺・三叉神経痛』

 寒波が来るような時は、顔面(三叉)神経痛や顔面神経麻痺のご相談が増えます。
冷えで悪化する顔面神経痛は寒痹といい、更に風や雨、湿気が絡まってくると風寒湿痹と呼び、なかなか頑固でつらい痛みの状態といえます。
 清上けん痛湯や川芎茶調散は頭部や顔に表れる痛みやシビれを緩和する働きのある漢方処方で、寒さが厳しい冬や寒風が吹き雪が降るような時に悪化する顔面痛や頭痛によく利用されてきました。冷えを取り除きながら、経絡や血液の流れを整えて、痛みやシビれを緩和します。
 顔面神経麻痺の原因は様々ですが、冷えや湿気(痰湿)が血脈や経絡に滞ることで表情筋の動きを鈍らせ、症状を悪化させることもあります。その場合には血脈や経絡の冷えを取り除き、流れを回復させてあげることで症状の緩和を目指します。補陽還五湯や小続命湯のような温経通絡作用を持ち合わせた処方から選ぶのがおすすめです。

令和4年2月18日 足立よみうり掲載

▲このページの最上部へ