創業明治三十九年 仁生堂薬局
生薬 漢方薬 各種取扱

漢方豆知識

営業時間

本店
月~金   9:00~19:00
 土  9:00~18:00
第2,4日  10:00~17:00

定休日 第1, 3, 5日曜・祝日

千住二丁目店
月~金   9:00~19:00
 土  9:00~17:00

定休日 日曜・祝日

ネット店舗
千寿薬草園by仁生堂薬局
BASE
BASE店は一般用医薬品も取扱中
商品が未掲載の場合は
チャットまたはメールで
お問合せください。

Amazon
アマゾンのお店はこちら

» 漢方体験.com(外部サイト)でも、当店でのエピソード・体験談をご紹介しています。

2015-03-26

第7話 『花粉症に漢方』

 春の風が鼻をくすぐる季節です。それは花粉の仕業かもしれません。
 中医学での花粉症治療の基本は、外的刺激に対抗するバリアの力「衛気(えいき)を強くすることだと考えます。
 この衛気を強化する代表的な処方が「玉屏風散(ぎょくへいふうさん)」です。屏風(びょうぶ)のように風を遮断する作用からこの処方名がつきました。アレルギー体質の根本的改善に使用することが多い処方です。衛気が強くなることで、花粉症に限らず、体力や免疫力も付き、かぜをひきにくくなったり、体温や発汗調節力が上がります。
 また、更にくしゃみ鼻水がひどければ、桂枝湯(けいしとう)や小青竜湯(しょうせいりゅうとう)を併せると効果的です。
 鼻づまりや目のかゆみがあれば、鼻淵丸(びえんがん)や荊がい連翹湯(けいがいれんぎょうとう)もお勧めです。
 また、ハーブティーでは、菊花茶、シジュウム茶、ミントティーもこの季節にはお勧め。
 十分な睡眠と栄養をとり、お酒は控えめにね。


足立よみうり新聞 2015年03月20日号掲載

PDF 「花粉症に漢方」足立よみうり新聞 2015年03月20日号掲載

▲このページの最上部へ