創業明治三十九年 仁生堂薬局
生薬 漢方薬 各種取扱

漢方豆知識

営業時間

本店
月~金   9:00~19:00
 土  9:00~18:00
千住二丁目店
月~金   9:00~19:00
 土  9:00~13:00

定休日 日・祝日

お求めはAmazonでも
Amazon
【千寿薬草園by仁生堂薬局】

2017-08-18

第36話 『夏に多い脳梗塞』

 脳梗塞は夏に一番多いそうです。
 夏は汗をたくさんかくことで体の水分が減り、血液が濃く、流れにくくなります。そして、熱を発散させようとして抹消血管が広がり、脳の血流量が低下するために、血栓ができやすくなり脳梗塞が増えます。
 中医学では、汗をかくと、水分とともに栄養や元気の元である「正気」も失うと考えます。これが気陰両虚という状態です。夏は水分やミネラルを補うことはもちろん、気も補うことが大切です。気が充実することで体の機能が高まり、疲れにくくなり、元気でいられるようになります。
 生脈散(しょうみゃくさん)には人参、麦門冬、五味子という3つの生薬が配合されていて、体の潤いを増やしてキープ、血脈を活き活きとめぐらせて、体を軽くします。
 正脈散は点滴にも使用されてきた歴史があり、正に「飲む点滴」、夏の必需品です。
 さらに血管掃除が得意な丹参を併せれば、心臓や脳の負担が軽くなるので、夏の脳梗塞を減らすことが出来そうです。
 

PDF 夏に多い脳梗塞.pdf

▲このページの最上部へ