創業明治三十九年 仁生堂薬局
生薬 漢方薬 各種取扱

漢方豆知識

営業時間

本店
月~金   9:00~19:00
 土  9:00~18:00
千住二丁目店
月~金   9:00~19:00
 土  9:00~13:00

定休日 日・祝日

お求めはAmazonでも
Amazon
【千寿薬草園by仁生堂薬局】

2017-12-16

第40話 『お正月にはお屠蘇を呑もう』

 お正月に呑む「お屠蘇(おとそ)」、これはもともと延命屠蘇散といって、古代中国の名中医師・華陀(かだ)の処方といわれています。
 「屠蘇」には、邪気を追い払い、生気を蘇らせるといった意味があり、屠蘇散は気をめぐらせて、胃腸を温めながら、風邪を追い払う処方となっています。山椒、ミカンの皮、シナモンなどが配合されていて、とても良い香りがします。
 お正月にお屠蘇を呑む風習は、平安時代に宮中で始められ、庶民に広がったのは江戸時代と言われています。お酒に良い香りがついて、きっと今で言うハーブ入りカクテルやリキュールのような感覚で流行ったのではないかと想像します。
 「お屠蘇」は、お正月の朝、屠蘇散をお酒やみりんに数時間浸して、生薬の風味が出たところで、一年の健康長寿、無病息災を願い、年少者から呑んでゆきます。
 もし、お屠蘇が余ってしまったら、小さな袋に入れて、匂い袋にしてみてください。邪を追い払うお守りにもなるはずです。
 それでは、新しい年もまた、家族でお屠蘇を楽しみながら、皆さまの心と体の健康を祈願したいと思います。
よい年をお迎えくださ

PDF 171215漢方豆知識pdf.pdf

▲このページの最上部へ